PayPay(ペイペイ)加盟店のすすめ

PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により設立された、PayPay株式会社が運営するQRコード・バーコード決済サービスです。

2018年10月よりサービス提供を開始しました。

「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に知名度を広めたPayPayは使えるお店も多く利用ユーザー数も増え続けています。

いま一番使われているQRコード・バーコード決済サービスをお店に導入してみましょう!

PayPay(ペイペイ)なら初期導入費、決済システム利用料、入金手数料が全て無料なので費用を気にすることなくご気軽に導入できますよ!

店頭での支払方法は2種類

PayPayを利用した店頭での決済方法は、お店に提示してあるQRコードをユーザーが読み取り、会計金額をユーザーが入力してお店側が確認して決済する「ユーザースキャン方式」と、ユーザーがバーコードをお店側に提示して、お店側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の2種類の方法があります。

「ユーザースキャン方式」は専用のQRコードをお店に掲示しておくだけで手軽に決済でき、さらに2021年9月30日まで「決済システム利用料」が無料となることから多くの加盟店はこちらの方式を採用しています。

ユーザースキャン方式での支払手順

お店のQRコードを読み取る
  • 手順 1
    ホーム画面の「スキャン」を選択
  • 手順 2
    お店に置かれたQRコードを読み取る
  • 手順 3
    金額を入力後、画面を店員に見せ「支払う」を選択
  • 手順 4
    支払い完了!

ストアスキャン方式での支払手順

バーコードを見せる(お店が読み取る)
  • 手順 1
    ホーム画面の「支払う」を選択
  • 手順 2
    画面を店員に見せバーコードを読み取ってもらう
  • 手順 3
    支払い完了!

PayPayのサービス利用で集客効果絶大

PayPayアプリ上に情報配信出来る「PayPayマイストア」

PayPayマイストア

「PayPayマイストア」とは、「PayPay for Business」からPayPayアプリ内にストアページが作成でき、店舗独自の記事やクーポンをPayPayアプリ上でお客様に情報配信出来るサービスです。

また、ストアページのアクセス解析や顧客分析が簡単にできます。

お店やキャンペーンの情報をPayPayアプリに掲載することで、集客・売上アップに効果が期待できます。

paypayマイストアでアピール
「PayPayマイストア」を活用してお店をアピールしよう!「PayPayマイストア」とは 「PayPayマイストア」とは、「PayPay for Business」からPayPayアプリ内にス...

飲食店向け事前注文サービス「PayPayピックアップ」

PayPayアプリ内で注文を事前に完了し、店舗で商品を受け取ることができる事前注文サービス「PayPayピックアップ」の提供開始に向け、2020年5月1日からPayPay加盟店を対象に、申し込みの受け付けが開始されます。

なお「PayPayピックアップ」のサービス提供は2020年6月以降を予定しているそうです。

PayPayピックアップ

PayPayピックアップは、店頭持ち帰り商品を提供する飲食店と、その飲食店のテイクアウトを利用するユーザーを対象としたサービスで、自宅や学校、オフィスなどどこからでも、「PayPay」を通じて注文を済ませ、お店で待たずに商品を受け取れるモバイルオーダーサービスです。

店内での滞在時間や他の来店客との接触を最小限に抑え、効率的に商品をテイクアウトできるので、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症などの感染拡大防止にもつながります。

また、キャッシュレスによる決済業務の負担軽減や、販売機会の拡大、自らアプリ開発をしなくてもモバイルオーダーサービスが実現できるなどのメリットがあります。

さらに、注文した方が現れないことによる商品代金の未回収リスクを回避できることも大きなメリットです。

飲食店向け事前注文サービス「PayPayピックアップ」
飲食店向け事前注文サービス「PayPayピックアップ」PayPayピックアップとは PayPayピックアップとは、店頭持ち帰り商品を提供する飲食店と、その飲食店のテイクアウトを利用するユー...

PayPayの導入条件(ユーザースキャン方式)

サービス名PayPay
運営企業PayPay株式会社
サービス開始2018年10月
初期導入費無料
運用費用無料
決済システム利用料無料
入金手数料無料
締日毎月月末または累計決済金額が1万円以上
入金タイミングジャパンネット銀行翌日
その他の金融機関最短翌々営業日
月末は累計決済金額に関わらず、必ず締め日となります。ジャパンネット銀行の場合、売上金額に関わらず自動で翌日入金となります。

PayPay(ペイペイ)を導入する7つのメリット

PayPay導入メリット
  1. 導入・運用コストが無料
  2. 決済システム利用料が無料
  3. 入金手数料が無料
  4. 最短翌日入金
  5. 手厚い加盟店サポート体制
  6. サービス利用で集客効果絶大
  7. Alipay、AlipayHK、Kakao Payに対応

導入・運用コストが無料

PayPayの導入・運用にかかる費用は一切かかりません。

QRコードを店頭に置くだけでPayPayの決済が可能となります。

店頭に設置するPayPayのQRコード

決済システム利用料が無料

決済システム利用料が無料となるのは、ユーザーがQRコードを読み取り金額を入力して支払う「ユーザースキャン方式」です。

無料期間:2021年9月30日まで

入金手数料が無料

入金手数料は、ジャパンネット銀行の場合は永年無料です。

その他の場合は2020年6月30日まで無料です。

2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。

最短翌日入金

振込口座として指定する金融機関がジャパンネット銀行の場合は翌日入金なり、その他銀行だと最短で翌々営業日の入金となります。

公式サイト ⇒ ジャパンネット銀行

手厚い加盟店サポート体制

いつでも相談できる店舗様向け窓口PayPayは24時間365日電話で相談が可能です。

万が一の不正利用の際も安心な補償制度で全額入金が保証されます。

サービス利用で集客効果絶大

PayPayでは、飲食店向け事前注文サービス「PayPayピックアップ」やPayPayアプリ上に情報配信出来る「PayPayマイストア」等のサービスが利用でき、集客・売上アップの効果が期待できます。

Alipay、AlipayHK、Kakao Payに対応

Alipay、AlipayHK、Kakao Pay中国ECの最大手企業アリババが提供する「Alipay」、香港のAlipay Financial Services (HK) Limitedが提供する「AlipayHK」、および韓国のKakao Corp.が提供する「Kakao Pay」が「PayPay」加盟店に設置されているQRコードでそのまま支払いができます。

特に観光地でPayPayを導入しようとしている店舗にとっては販促効果は絶大です!

PayPay(ペイペイ)を導入する際の注意点

「ストアスキャン方式」は決済システム利用料が有料

ユーザーがバーコードをお店側に提示して、お店側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の場合は、決済システム利用料は無料になりません。

また、バーコードを読み取るスキャナーが必要になります。

決済システム利用料の無料は期間限定

「ユーザースキャン方式」の決済システム利用料が無料で利用できるのは2021年9月30日までです。

2021年10月以降の決済システム利用料がどのくらいになるのかは公表されておりません。

PayPay導入までの流れ

PayPayは申込みから最短1週間程度で決済サービスの利用が可能となります。

申込み開始⇒メール受信⇒審査情報入力⇒審査⇒初期設定⇒ご利用スタート
PayPay(ペイペイ)利用開始までのながれ
PayPay(ペイペイ)利用開始までのながれPayPay(ペイペイ)は加盟店の申込みから1週間程度で利用できます! ...

PayPay株式会社の会社概要

商号PayPay株式会社
本社〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
設立2018年6月15日
株主ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンク株式会社
ヤフー株式会社

>まとめ

「PayPay」導入のメリットや加盟店になる方法について解説しました。

「PayPay」の登録ユーザー数は2,800万人を突破し、利用できる加盟店数は220万を超えています。

いま一番使われているQRコード決済サービスですので、店舗の集客アップにつながります。

また、中国のスマホ決済「Alipay」、香港のスマホ決済「AlipayHK」、韓国のスマホ決済「Kakao Pay」が「PayPay」加盟店に設置されているQRコードでそのまま支払いができます。

世界的なイベントも行われる中、キャッシュレスに慣れた外国からのお客様のインバウンド需要対策に効果的です。

キャッシュレス決済を検討している方は、是非この機会に導入を検討してみてください。