PayPay加盟店の概要

PayPay(ペイペイ)を導入するメリット

PayPay(ペイペイ)を導入するメリット

ここでは、PayPay(ペイペイ)を導入する際の加盟店のメリットをご案内します。

導入・運用コストが無料

PayPayの導入・運用にかかる費用は一切かかりません。

決済手数料が無料

ユーザーがQRコードを読み取り金額を入力して支払う「ユーザースキャン方式」の場合、2021年9月30日まで決済手数料は無料とまります。

ユーザーがバーコードをお店側に提示して、お店側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の場合は、決済システム利用料は無料になりません。

入金手数料が無料

ジャパンネット銀行の場合、入金手数料は永年無料です。

その他の銀行は2020年6月30日まで無料です。

2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。

最短翌日入金

振込口座として指定する金融機関がジャパンネット銀行の場合は翌日入金なり、その他銀行だと最短で翌々営業日の入金となります。

手厚い加盟店サポート体制

PayPayは24時間365日電話で相談が可能です。

PayPayでの決済において、万が一悪意ある者による不正取引が行われた場合でも、補償制度で原則加盟店に取引金額の全額入金が保証されます。

また、不正利用による被害に遭われた方などへの補償が発生した場合はPayPayが負担し、加盟店に負担を求められることはありません。

サービス利用で集客効果絶大

PayPayでは、飲食店向け事前注文サービス「PayPayピックアップ」やPayPayアプリ上に情報配信出来る「PayPayマイストア」等のサービスが利用でき、集客・売上アップの効果が期待できます。

Alipay、AlipayHK、Kakao Payに対応

中国ECの最大手企業アリババが提供する「Alipay」、香港のAlipay Financial Services (HK) Limitedが提供する「AlipayHK」、および韓国のKakao Corp.が提供する「Kakao Pay」が「PayPay」加盟店に設置されているQRコードでそのまま支払いができます。

特に観光地でPayPayを導入しようとしている店舗にとっては販促効果は絶大です!

Alipay、AlipayHK、Kakao Pay